アルバニアホワイトクリーム 成分

アルバニアホワイトクリームの成分はどうなっているのか!

アルバニアホワイトクリームの成分

アルバニアホワイトクリームの成分にはどのようなものが含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか?アルバニアホワイトクリームを試そうと思っている方は成分が気になりますよね。アルバニアホワイトクリームの成分についてお調べしました。

 

アルバニアホワイトクリームの成分

アルバニアホワイトクリームはシミやニキビ跡に効果があるようです。どんな成分が含まれていてなぜ効果があるのかを調べてみました。

 

アルバニアホワイトクリームの成分にはどのようなものが含まれているのでしょうか?

 

まず、天然の植物由来成分であるトラネキサム酸が含まれています。シミの原因はメラニンのこびりつきです。メラニンは一度こびりついてしまうと肌が常に炎症状態になり、メラニンが生成し続けます。

 

トラネキサム酸はメラニン生成の指令を抑制してくれて、肌の奥まで浸透します。まだ目には見えないシミの予備軍もしっかりとブロックしてくれます。

 

薬用美白成分であるグリチルレチン酸ステアリルが含まれています。グリチルレチン酸ステアリルにはステロイドと同じ強い抗炎症作用があります。

 

赤ニキビなどの炎症が原因で起きた肌荒れに効果があります。シミができた肌というのは常に炎症が起きていますので、この成分がシミ肌の炎症を抑えてくれます。

 

6種類の植物エキスと高濃度グリセリンが含まれています。カッコンエキス、牡丹エキス、ユキノシタエキス、コメヌカ油、クロレラエキス、アロエエキスといった6種類の植物エキスが含まれています。

 

肌荒れ防止、保湿効果があり、エイジングケアに特化しています。高濃度グリセリンが合わさると浸透率が高くなって、効果をすぐに実感することができます。

 

このように、アルバニアホワイトクリームにはシミへの効果がありそうな成分がたっぷりと入っています。

アルバニアホワイトクリームは安心できる成分

アルバニアホワイトクリームは安心できる成分ばかりなので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

アルバニアホワイトクリームは皮膚科医が開発した薬用のホワイトニングクリームなので、成分は安心で安全です。

 

アルバニアホワイトクリームを塗ると、とてもよく伸びて、刺激もなくて敏感肌の方でも安心して使えます。

 

使っているうちにシミがどんどんと薄くなってきて、消えていきます。肌のトーンも明るくなってくすみが改善します。

 

シミやくすみを防ぐ働きをしている成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルです。

 

アルバニアホワイトクリームは長年の研究と経験によってデータを元に検証された結果、効果と安全性とともに最も評価された成分です。

 

グリチルレチン酸ステアリルは、抗炎症作用もあり、ニキビ予防や肌荒れ、美白に対して有効です。天然の植物である天草が由来の成分なのでとても安心です。

 

エイジングケアに優れた6つの植物エキスも配合されて、紫外線からの乾燥防止や、保湿効果、肌の弾力、角質を柔らかくする、肌をすこやかにする効果が期待できます。

 

>>アルバニアホワイトクリームの最安値はこちら